クリスマスプレゼント

2014年もいよいよ、待ちに待ったクリスマスが近づいてきました。
まだ、何も決めていない方は是非とも当サイトを参考にしてくださいね。

 

今年こそはサプライズ的なクリスマスにしたいと思っているのなら、いつもとは違う贈り物をしてください。

人気ブランドのアクセサリーはクリスマスプレゼントに定番です。

ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力

クリスマスっていったい何をする日なんでしょうか?
イエス・キリストの降誕を祝うキリスト教の記念日なのです。なるほどね!
それで、その日は何をすればいい日なんですかね?
フライドチキンや、デコレーションケーキを食べる日ですか?
枕元に大きな靴下さえぶらさげておけば、子供はゲーム機、大人はブランド品のバッグやアクセサリーなど、
高価なプレゼントがざくざく手に入るラッキーデーだと思っている人も多いのではないですか。
そして、クリスマスに欠かせない存在といえば、忘れてはいけないサンタクロースです。
プレゼントを運んできてくれるメタボリック体型の白ひげのおじいさん、
もしくは、「恋人はサンタクロース」、なんていうのが一般的なイメージですからね。
真面目に考えれば、考えるほど、本当にクリスマスって、
いったい何をどうすればいいのかわかならいという方がほとんどではないでしょうか。
そこで、クリスマスをこれまで以上に、心豊かに楽しく過ごすコツをお伝えします。
日本だけで行われているクリスマスの習慣を考え、
日本人だけが知らない世界標準のクリスマス文化に触れてみてください。
そのあとで、サンタクロースがおすすめする旧くて新しいクリスマスの過ごし方をご紹介します。
クリスマスのシンボル的存在のクリスマスツリーって、いったいなんのために飾られるようになったのでしょうか?

思い出すのは、アダムとイブが誕生したエデンの園の林檎の木ですが、園の中心にそびえたるもう一方の命の尊さを象徴する木、これを模して、クリスマスツリーが飾られるようになりました。
キラキラと輝くオーナメントは、エデンの園の林檎の果実や、降り積もった雪が夜空に輝いている様子を表現しています。
ヨーロッパでは、キリスト教が入る以前から、常緑樹のモミの木を永遠の生命の象徴として崇拝する樹木進行という風習があり、そこからクリスマスツリーといえばモミの木といわれるようになりました。
クリスマスツリーの発祥は、ドイツといわれています。
11世紀の宗教劇で、モミの木に林檎の実をつけてエデンの園を表し、やがてロウソクを飾って光を示したとあります。
その後、ドイツ商人のギルドが、その習慣をヨーロッパに広めたといわれています。
クリスマスのカウントダウンが始まる12月1日、家族総出でツリーを飾り付け、最後に一番上に輝く大きな星のオーナメントを一家の大黒柱がとりつけるというのが正式なクリスマスツリーの飾り方です。
では、クリスマスツリーはいつしまえばよいのでしょうか?